制度概要と認証までの流れ

事業趣旨について

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、外出自粛等により観光需要の低迷や、地域の多くの産業に甚大な影響を与えています。本県では、「飲食店における感染防止対策の徹底」と「県民が安心して利用できる外食環境の整備」に取り組み、安全・安心な岡山の外食文化をオール岡山で守ることを目的としています。


第三者認証制度について

県内飲食店における感染防止策を強化し、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を継続的に抑えこむために、県が公正な第三者に委託し、県が定める基準(必須項目)を満たす飲食店に認証を付与するものです。認証は飲食店営業を行う事業者(食品衛生法(昭和22年法律第233号)に定められた許可を受けた飲食店であり、かつその場で飲食を行う事業所を営む者)が営む県内の店舗を対象としています。


認証店について

県が定める基準(必須項目)をもれなく満たしている場合に県が認証するため、安全・安心な飲食店として、ご利用いただけます。
店舗に掲示されているステッカー(右)や認証書が認証店の目印です。


概要

事業名称
岡山県飲食店感染防止対策第三者認証事業(岡山県)
事業主体
岡山県※委託者
事務局
岡山県飲食店感染防止対策第三者認証事業 事務局
(受託者:両備ホールディングス株式会社・株式会社ビザビの共同事業体)
事業協力
岡山県、県内各市町村、岡山県商工会議所連合会、岡山県商工会連合会、岡山県中小企業団体中央会、GoToEatキャンペーンin岡山県その他岡山県内の飲食店を統括する団体等
認証目標数
4,000店
募集期間
2021年 8月 2日(月)~2022年1月31日(月)
●申請数が多いため、当初の予定を変更して申請受付を行います。
【2月以降の申請受付について】来年度も事業実施予定ですが、詳細は決定次第お知らせします。

申請~認証について

申請が可能な飲食店の要件
●日本標準産業分類(平成25年10月改訂)の中分類「76 飲食店」に分類される飲食店(主として客の求めに応じ調理した飲食料品をその場で飲食させる飲食店)であること。
●食品衛生法(昭和22年法律第233号)第52条第1項に基づく「飲食店営業」又は「喫茶店営業」の許可を得ていること。※喫茶店においては主として客の求めに応じ調理した飲食料品をその場で飲食させる営業形態
※現行の食品衛生法(施行日: 令和三年六月一日 (平成三十年法律第四十六号による改正))では第55条に記載。
認証の対象となる飲食店の例
「申請が可能な飲食店の要件」を満たす飲食店、接待を伴わないバー(但し、カラオケ設備の設置や使用がないものに限る)、食品衛生法に基づく飲食店営業の許可を得ているカラオケボックス、ホテル・旅館内にある宿泊者以外も利用するレストラン等の飲食店
認証の対象とならない業種
コンビニエンスストアやスーパーマーケットのイートインコーナー、その場で飲食を行わない飲食店(宅配・デリバリー専門店・テイクアウト専門店等)は対象外です。
認証の対象とならない営業許可
屋台やキッチンカーなどの店舗を持たないものや移動販売等の「特殊形態」、社員や一部の利用者を限定する専用食堂は対象外です。また、キャバクラ、ショーパブ、ガールズバー、ホストクラブ、スナック、料亭(接待を伴うもの)、カラオケ喫茶は対象外です。
申請書類送付
食品衛生法に基づく「飲食店営業」または「喫茶店営業」の許可を得ている事業者(店舗)に事務局から申請関係書類を送付します。
<申請関係書類>※以下の書類はクリックすると詳細を表示します
募集要項
申請書
対策チェックシート
感染防止対策に係る認証の基準
※カラオケボックスについては、追加の認証基準(必須項目)があります。
※申請関係書類が届かない場合でも、申請が可能な飲食店の要件を満たしていれば申請可能です。本ホームページから申請ができますが、申請関係書類が必要な場合は事務局までご連絡をお願いします。
(1)意向調査
認証取得を希望するかどうかをお知らせください。(WEBフォームまたはFAX)※現在は実施していません
(2)申  請
WEBフォームから申請していただくか、「申請書」と「対策チェックシート」をもれなくご記入の上、FAXで送信してください。
(3)訪問調査
事務局から電話(メールがある場合は併用)でご連絡をさせていただきます。訪問調査日時を決定し、調査員が訪問調査に伺います。
(4)認  証
訪問調査にて岡山県の定めた「感染防止対策に係る認証の基準」の必須項目をすべて満たした場合には認証となります。


本事業に関するお問い合わせ

コールセンター

TEL086-222-5611

受付時間9:00~17:00(平日のみ)

専用ホームページ https://www.okayama-ninsho.jp